大切なキャバドレスのお手入れポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネックキラキラレースペプラム千鳥格子柄ミニドレス

お気に入りのキャバドレスは出来るだけ長く着用出来ると嬉しいですよね。
そこで今回はキャバドレスの基本的なお手入れ方法を紹介致します。

ドレスの洗濯方法

まずはドレスの基本的なお洗濯方法からご紹介します。

洗濯表示確認

必ずお洗濯の前に【洗濯表示】を確認しましょう。
見当たらない場合は裏地と表生地の間に付いている場合もあります。
手洗いは弱い手洗いが可能マーク。
洗濯機の「手洗いコース」または「ドライコース」などでも洗えます。 
洗濯機 洗濯機洗いが可能マーク
上記マークの場合はお家でお洗濯可能です。 

洗剤はお洒落着選用のエマール、アクロンなどを使ってください。
お洒落着洗いの洗剤は普通の洗剤に比べて洗浄力は弱いですが、
生地の色あせや縮みを防いでくれます。
シルク(絹)、レーヨン、キュプラ、アセテートとこれらの混紡、皮革、毛皮などの場合はご家庭では洗えません。
必ずクリーニングに出してください。  

準備 

色の濃いドレスの場合は事前に色落ちが無いか確認してください。
洗剤を目立たない部分に少しつけ、5分ほど経ってから、白い布などで軽く押さえてます。
色がついてしまった場合は必ず単独で洗ってください。
あまりにも色落ちがひどい場合はドレスが変色してしまいますので、クリーニングに出す事をお薦めします。

汚れが目立つ個所、飲食のシミなどは、事前に洗剤を少し付けて、タオルでポンポンとやさしくシミを押さえる様にして、シミを取って置くと綺麗に仕上がります。

洗う~洗濯機

ビーズの装飾や飾りの無いシンプルなドレスは選択ネットに入れて、洗濯機のドライコース、手洗いコースなどで洗えます。
その際ファスナーは閉じてください。
汚れが気になる個所がある場合は外側になる様に洗濯ネットにしまってください。
洗濯ネットは目が細かければ細かいほど生地の摩擦をや痛みを防ぐことが出来ます。

洗う~手洗い

ビーズなどの装飾が多く洗濯の際に傷が付いてしまいそうなドレスは手洗いをお薦めします。
手洗いの際は水の温度に気をつけてください。
30度を超えるお湯で洗いますと、生地が縮んでしまったり、色落ちが酷くなったりする事があります。

洗剤を水で薄めた中でやさしく押し洗いしてください。 (洗剤の説明書を参照)
ドレスに洗剤を通すように、水中で「沈める」「浮かせる」を繰り返します。
こすったり、強くもんだりは生地を傷める恐れがありますので厳禁です。

洗濯が完了しましたら、速やかに干してください。
その際に、生地を無理に伸ばしたり、強く引っ張ったりしない様に注意してください。 
やさしく形を整えたら、風通しの良い室内で干します。

注意事項

ビーズ装飾を沢山使ったドレス・装飾が沢山入ったドレスなど、破損の恐れがあります。
洗濯が困難と見えるドレスは洗濯表示に関わらず、クリーニングに出す事をお勧め致します。  

アイロン

アイロンをかける際も洗濯表示を確認してからアイロンがけしてください。
ビーズ、装飾は破損する恐れがありますので、その部分はさけてください。
アイロンのスチーム機能で優しくシワを伸ばしてください。
シフォンなどの素材の場合は強くアイロンを押し当てると生地がよれて元に戻らなくなる場合がございます。

ドレスの修理・お直し

ビーズが取れてしまった

ビーズの装飾は1本の糸で何個もつなげて縫い付けている場合がほとんどです。
1個ポロっと落ちてしまった場合は続けて解けてしまう場合があります。
直ぐに、ビーズが取れてしまった場所を確認して、裏側から糸を少し引っ張って糸をほどけてしまわない様に結ぶ必要があります。
糸が短い場合はピンセットで結ぶとやりやすいですが 、ピンセットが見当たらない場合は少しコツが必要ですが、毛抜きでも可能です。
無理に引っ張らない様にやさしく結びます。

その他の破損

ドレスはシフォンやレースなどデリケートな素材が多くご自身で修理が出来ない場合がほとんどです。
高級ドレスなどの場合は修理専門のお店に依頼する事をお薦めします。

 今回はドレスのお洗濯方法などをご紹介いたしました。
ぜひ参考にして頂きまして、お気に入りのキャバドレスを長く着用して頂けると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Tigermilkの新作格安ドレスを見に行く

キャバドレスからパーティードレス・ゴージャスドレスまで格安キャバクラドレス・アクセサリーの通販サイト



Tigermilkの新作格安ドレスを見に行く

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*